沖縄企業をRPAでサポート

沖縄企業のDX推進をRPAで全力応援‼

沖縄企業のRPA導入を成功に導く

RPAとは

ドット柄

RPAとはRobotic Process Automationの略で
人がパソコンで行っている定型的で単調な業務をロボットのアルバイトに任せる
というとらえ方で問題ございません。

24時間365日休むことなく教えたことを忠実に実行することが可能で
業種を問わず多くの企業でRPAの導入が急速に進んでおります。

RPA導入が急速に進む背景

ドット柄
人口推移
出展:年齢区分別将来人口推計(内閣府第1節 高齢化の状況)より

人材不足、高騰する人件費など、特に日本では超高齢化社会に突入し労働人口の減少とともに

労働生産性は下がる一方であるために一般的な人件費より安価なRPAの導入が急速に進んでおります。

全国的にみるとすでに高齢者の割合が30%に迫る勢いではありつつも

沖縄では全国に比べ人口減少は緩やかではありますが人材の確保が難しく

人件費よりも安価なRPAに頼る企業が増えることは間違いありません。

RPA導入で困っていませんか?

導入前の悩み( ˘•ω•˘ )

困った女性

RPAがたくさんありすぎて

違いがいいのかわからない

自社で活用する方法が

わからない

RPAがたくさんありすぎて

どれがいいのかわからない

RPAというツールが

よくわからない

金額が高そう

導入後の悩み(*˘ω˘*)

困った男性

操作が難しい

RPAの学習時間が

確保できない

困ったときの対象方法が

わからない

障害対応が遅い

保守・研修が高い

RPAでよくある落とし穴

ドット柄緑

RPAは操作の難易度が製品によって異なります。

プログラミングの知識が全くなくても動かせるというのは誤解で

少なくともプログラミングの考え方は必要になります。

機能が豊富な製品ほどプログラミングの知識が必要であったりするため

とりあえず導入は禁物です。

ほとんどのRPA製品には無料で使用できる期間が設けられておりますので

実際に試してみたり、かつスモールスタートで徐々に

自動化に慣れることで落とし穴を回避することができます。

RPAで得られる効果

RPA導入で得られる様々な効果をご紹介いたします。

働き方改革

普段の業務をロボットに任せることで生まれる時間を有効に活用できるようになり、残業が減り休暇を取得しやすい社員にやさしい環境づくりができます。

定型業務からの解放

毎日同じようなデータ入力業務を行っていると集中力を維持するのは至難の業です。いつの間にかボーっとしてしまい気づかないうちにミスをしてしまうことも。

その点ロボットはミスをしません。

利益の最大化

定型業務をロボットに任せて空いた人員はより生産性の高い人にしかできない業務に従事することで

さらに利益を生み出すことができます。

人材不足の解消

RPAを簡単に説明すると

ロボットのアルバイトです。

なかなかベストなタイミングで人員を補充することは難しいですが、RPAであればすぐ雇用でき辞めません。

ヒューマンエラーの削減

ロボットは教えたとおりに実行します。

教えた以外のことは絶対にしないのでミスもしません。

2重3重のチェック時間も大幅に削減されます。

コスト削減

人件費より圧倒的に低価格。

辞めない、休まない、ストレスもたまらない素晴らしい労働力です。

業務の見直し

日々の業務に慣れてしまって問題点に気づけないことが多々あります。

RPA導入の際に業務全体を俯瞰的に見ることができるので自動化したい業務以外の改善点も見つかります。

発想のテクノロジー化

テクノロジーの一端に触れると「あれも自動化できそう」「これもやりたい」と発想が溢れます。業務に対して思考のベースが人力ではなくテクノロジーを使った自動化に変化することで大きな効率化につながります。

お得で安心! トラストの無料導入サポート無料サポート

すべて0円

沖縄に特化したおトクな無料導入サポート

RPA製品

RPA製品0円

スモールスタートで使うことができます。

RPA適応診断

RPA適応診断

自動化したい業務がRPAに対応しているか調べます。

コンサルティング

業務コンサル

自動化するための業務の見直しを行います。

オンライン相談

オンライン相談

リアルタイムで今のお悩みをご相談

社内サポート

社内サポート

RPA導入にかかるサポート全般

導入までの流れ

ヒヤリング・業務分析

RPAは社内のさまざまな定型業務を自動化してくれる便利なツールではありますが、
すべての業務をカバーすることはできません。

そのため、社内の業務を洗い出して「どの業務にRPAツールを導入すると効率化できるか?」を分析する必要があります。
業務分析がしっかりできていないと導入後の運用がスムーズに進まなかったり、
思ったように効果が表れなかったりするため、実はRPAツールの導入の中で
この業務分析が最も重要といっても過言ではありません。
弊社ではエンジニアが現地に赴き担当の方と徹底的に効率化できる業務の洗い出しをし、ロボットが自動で実行できる設計図を作成します

テスト導入

業務分析がひと通り完了し、どの部分にRPAツールを導入するかが固まったら、RPAツールを小規模な範囲でテスト導入します。
テストを行わずに本番導入してしまうと失敗した際の影響が大きくなりすぎるため、必ず事前に検証することが重要です。
弊社ではトライアルとして60日間無料でお試しいただき、この間に効果が実感できるようスケジュールを立てます。

本番稼働

テスト導入が問題なく進んだら、本格的にRPAツールを導入します。
従業員が積極的に使いたいと思える体制を整えなければ、せっかく導入しても浸透せずに終わってしまうリスクがあります。
新しいRPAツールの導入は慣れるまで従業員の負担になりやすいため、
使い方の研修など導入時のフォロー体制をしっかり整えておりますのでご安心ください。

運用保守

運用開始後は定期的にRPAツールの効果を測定し、導入の成果が出ているかどうかをしっかりと管理する必要があります。
改善事項があれば都度反映して、より効果の高い運用を目指しましょう。思うように成果が出ていない場合は、
RPAの設計や業務フローを見直して問題点の究明を行うことをおすすめします。

トラストコミュニケーションならRPA選びのご相談や、様々な導入サポートがすべて0円!

導入事例集

実践動画

請求書作成

発注書を読み取り請求書を作成しメールで送信

ホテル業

宿泊者の手書き情報をよみとり集計

RPAとは

RPAの説明を1分で解説

英語対応可能

外国籍の社員が在籍しておりますので英語圏でのご対応も可能でございます。

RPAの導入でもっと時間を有効活用

サポートのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0980-50-0140